お洗濯の基本手順
 
(1)事前チェックをする
洗えるもの/洗えないものの確認
ポケットの点検と掃除
色落ちのチェック
ボタンのチェック
縮みチェック
(2)エクセレントドライ液をつくる
洗濯量に合わせて洗濯機に水を入れる。(必ず常温の水を使用)
エクセレントドライ溶剤を入れる。水20Lに対して10ml
洗濯機を回す。白濁すれば準備完了
 
(3)前処理(シミ抜き)
シミの汚れのひどい部分の裏にタオルを当て、ブラシかカット綿に水をつけ、エクセレントドライ原液を加え、軽く一定方向にたたいて取る。
ブラシは毛の軟らかいものをお使い下さい。
カビ・鉄サビ・熱を加えた汚れは取れません。
(4)つけ込み洗い(15〜20分)
型くずれしないように必ずきちんとたたんでから、エクセレントドライ液につけ込みます。衣類を押し洗い(もみ洗い)したり、洗濯機を回さないで下さい。(衣類4〜5枚)
 
(5)脱水(5〜10秒)
衣類をたたんだまま脱水槽に移し、すすぎの前の脱水をします。洗濯物を脱水槽の内側に張りつけるように入れて下さい。
上から押しつけたりしないでください。
(6)すすぎ(簡単に)
脱水後の洗濯物をたたんだまま、きれいな水の中を1〜2回通す。
洗濯機は回さないで下さい。
 
(7)専用仕上剤(2〜3秒) (8)脱水(5〜10秒)
衣類をたたんだまま脱水槽に移し、水が垂れない程度の軽い脱水をする。
 
(9)乾燥(陰干し)
型をととのえて、陰干しします。
セーター・カーディガンなど平干しネットがない場合平らな面を干して下さい。
衣類乾燥機やストーブなどを使った乾燥は絶対しないで下さい。
色落ちテスト
色が出そうなものは、裏の目だたない部分に水とエクセレントドライの洗剤を少しつけ、タオルなどにはさんでもんで確かめます。
 
縮みテスト
裏の目立たない部分に水をつけ、濡らした部分がかたくなると縮む要素があります。