ノルディック・ウオークのスタイル

ノルディックウォークの運動効果

  1. 身体全体の90%の筋肉を使った全身運動となるのでウォーキングと比べて運動効果が約40%前後アップさせることができる。
  2. ボールを持って2足歩行から4足歩行になると着地時脚への負担が少なくなり肥満の人、または高齢者にやさしいウォーキングになります (足、腰、ひざへの負担軽減)
  3. 首や肩の筋肉の血行を盛んになるので肩こりにもよく4点歩行であるくことにより背筋が伸び歩幅が広くなり良い歩き方を身につけるようになります。
  4. 肥満・高血圧・脂質異常症・糖尿病の予防と改善が期待されます。ダイエット効果が高い
  5. リハビリでの活用として衰えた筋肉を向上させるためや病床から離床する時の安全確保(足・腰に不安のある人)や転倒抑止に効果的です。


 

有酸素運動・・・・・・体脂肪燃焼(エアロビクス、ウォーキング、プール歩行)

無酸素運動・・・・・・基礎代謝量増やす(筋力トレーニング、短距離歩)

 


☆ 快適な生活をおくるには年齢を重ねても体力を維持することが大事です。

 

walk04jpg.jpg

walk01.jpg walk02.jpg

●ポールの長さの調節

目安としてひじを直角に曲げて2cm程度ひじを下げた長さになるよう調整してください。

伸縮式のポールは目盛りがあれば目盛りにあわせてください。

 

●ポールの握り方

親指、中指、薬指の3本で軽く握る。強く握ると手首やひじに負担がかかり、関節炎や腱鞘炎の原因になるので注意しましょう。手の中でスウィングさせるイメージで肩の力を抜いてリラックスして動かす。

 

●足運び

まずかかとから着地しつま先に重心を移動させ、つま先でしっかりと蹴りだす運動を繰り返し行う。

ポールは身体の前に突くのではなく、両足の間に突き、グリップのストラップに手首全体で力を込め身体を前方に押し出すように歩く。